仕事内容で工場求人を選ぶポイント

力仕事か細かい作業かどうか

工場には、重い部品を運んで組み立てたりする力仕事やパッケージにシールを貼るなどの細かい作業など、色々な仕事があります。また、何を製造する工場であるのかによっても仕事の内容が変わってきます。そのため、仕事内容で求人を選ぶ場合は、仕事内容だけでなく何を製造しているのかも含めてチェックする必要があります。車の組み立ては重労働ですが、細かい部品の組み立ては力仕事ではありません。通常、工場の仕事は重労働のほうが給与が高い傾向があるため、給与が高い場合は仕事内容をしっかりチェックする必要があります。製造ラインの仕事においては、検品や仕分けが身体的な負担が少ないとされているので、初めて工場で働く場合は検品や仕分けの仕事内容の求人を選ぶと良いでしょう。

経験があるなら管理職

工場で一定の期間働いた経験がある場合、管理職を探すのもよいでしょう。製造ライン経験者であれば、ライン管理などスーパーバイザーの仕事に挑戦することができます。ライン管理では、製造ラインが正常に作動しているかチェックしたり、止まったら問題を解決して再稼働させたり、病欠が出た時は代わりの人に来てもらったりなど、製造ライン全般の管理をします。生産管理関連の民間資格を取得している場合は、有利に役立つでしょう。そのほか、衛生管理士など工場の仕事に役立つ資格を保有していると、工場内で重要なポジションを任せられるため重宝されます。管理職も工場の規模によって仕事内容も変わってくるため、事前にどのような内容かチェックしておく必要があります。