給与などの待遇面で工場求人を選ぶことのデメリット

ハードワークになりがち

工場勤務に限った事ではありませんが、給与が高めに設定されている求人は基本的にハードワークである事が多いです。特に工場では重い資材や機器を運搬する事も多く、肉体労働が勤務時間の大部分占めるケースも珍しくありません。また、工場勤務は二交代制あるいは三交代制を導入している現場が多いです。二交代制は日勤と夕勤、三交代制では日勤・準夜勤・深夜勤をシフト制で回していきます。1人の従業員がどこかの時間帯に固定されるのではなく、なるべく均等になるように担当時間を交代させていくのが特徴です。勤務時間が安定しないため生活スタイルも流動的になり、ワークライフバランスを整えるまでには慣れとコツが必要になると言えるでしょう。

特定の資格が必要になる場合も

工場勤務の求人は全体的に給与が高めに設定されている傾向にありますが、特に有資格者限定の求人は一見の価値があります。例えばクレーンやフォークリフトを運転するための資格や、危険物取扱者といった資格は工場勤務で役立つ場面が多いです。従業員や周辺地域の安全を守るために必要な知識・技術を備えている人材であるため、企業側としては給与を上乗せしてでも確保したいところと言えるでしょう。しかし逆に考えれば、高収入という工場勤務の大きな利点を最大限に活用するためには資格を取っておく必要があるとも言えます。比較的簡単に取得出来る民間資格もありますが、取得に時間がかかる国家資格も珍しくありません。給与・必要資格・資格難易度を考慮して、自分に合った求人を探しましょう。